10分どん兵衛

10分どん兵衛を試してみる

どうやってたどり着いたかは忘れたけれど、とても気になっていた「10分どん兵衛」の情報。

通常、お湯を入れてから5分で出来上がるカップうどんのどん兵衛 きつねうどん10分どん兵衛ですが、待ち時間を10分にすることで、なんでも麺の食感がいい感じに変化するらしい。

ということで実食してみました。

10分どん兵衛を用意
10分どん兵衛を用意

ちょっと話はそれますが、カップうどんと言えばこの『日清 どん兵衛10分どん兵衛』か『マルちゃん 赤いきつねうどん』が真っ先に思い出されます。

けれど私の住む沖縄では、赤いきつねは89円セールが頻繁に行われているのに対し、どん兵衛 きつねうどん10分どん兵衛に関しては100円を切る価格では販売されることがあまりありません。単純に仕入れ値が違うのでしょうかね? もしくはメーカー側から価格維持を求められているのかしら?

まぁそんな事情はさておき、日清 どん兵衛10分どん兵衛です。

10分どん兵衛 お湯入れ前
10分どん兵衛 お湯入れ前

この『10分どん兵衛』ですが、色々な方が試されているようで、どうやら熱湯を使用したほうがいいらしい。まぁ、10分間、放置するわけですから納得ではあります。

で、出来上がったのがこちら。

10分どん兵衛 10分後
10分どん兵衛 10分後

普段の『5分どん兵衛』と比べて一見変化はないようにも見えますが、やはり麺がお湯を吸って少し膨張度合いが増しているのかも。

10分どん兵衛 かき混ぜ後
10分どん兵衛 かき混ぜ後

食べる前にかき混ぜたのが上の写真です。やはり麺はたっぷりとスープを吸っているらしく、いわゆる「麺が伸びた状態」のようです。

だがしかし、実際に食べてみると…

麺がノーマルどん兵衛に比べてよりツルツルになっていて、ちょっとした生麺うどんみたいになってる! 伸びてるといった感じはなくて、コシは残ってるっぽい。こういった平たい生麺ってどっかの地域の「地元の食べ物」とかにありそうな感じ!

少なくとも5分どん兵衛と比較して悪化はしていないと私は感じます。というより、今後どん兵衛10分どん兵衛を食べるときは10分がデフォになるかも。

となると、次は『10分 赤いきつね』を試さなければ、ですな。


 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。