糸満市の麺作『辛さ3倍の担々麺』とチャーハンを食べてきた!

糸満市の麺作『辛さ3倍の担々麺』とチャーハンを食べてきた!

沖縄の担々麺では数本の指に入るのでは、と個人的に思っている糸満市の麺作さん。

以前に訪れたのはそれこそ10年以上前なのでは、みたいな感じなので、そんな知ったかぶりをするのもアレなのですが、その10年以上前の記憶では確かに美味しかったです。

で今回、ひょんな理由で機会があり、食べてきました!
 

麺作へのアクセス

麺作の場所は、メイクマン豊見城店近くの名嘉地交差点から南(潮平方面)へ車で数分走ったところにあります。この辺りはカレーのココイチや丸亀製麺、マクドナルドなど、各種飲食店が並ぶ地域ですね。外食時には選択の幅が広そうです。

麺作です。車はお店の前の空いてる場所に駐車する感じっぽい。
麺作です。車はお店の前の空いてる場所に駐車する感じっぽい。
麺作の店内です。カウンター席しか写真は取れなかったけど、座敷に4人用のテーブルが4つほどありました。子ども連れが多い印象です。
麺作の店内です。カウンター席しか写真は取れなかったけど、座敷に4人用のテーブルが4つほどありました。子ども連れが多い印象です。

麺作のメニュー

この日は既に担々麺一択な私ですが、今後のためにメニューを写真の撮っておきました。

麺作のメニュー、その1
麺作のメニュー、その1
麺作のメニュー、その2
麺作のメニュー、その2
麺作のメニュー、その3
麺作のメニュー、その3
麺作のメニュー、その4
麺作のメニュー、その4
麺作のメニュー、その5
麺作のメニュー、その5
麺作のメニュー、その6
麺作のメニュー、その6
麺作のメニュー、その7
麺作のメニュー、その7

麺作をいただきます!

いろいろと魅力的なメニューが多いようです。で、今日は家族での訪問のため、いくつかのメニューを試すことができました。

看板メニューの担々麺、辛さ3倍、730円。ランチタイムサービスで小ライス付きです!
看板メニューの担々麺、辛さ3倍、730円。ランチタイムサービスで小ライス付きです!

まずは外せない担々麺です。メニューには「辛さ調節できます」なんて、辛いもの好きな私はもちろんオーダーしないワケがないのです。

でスタッフさんに聞くと「どれくらいにしますか? (以前に)食べたことありますか?」と聞かれまして、「食べたことあるけど随分と前なんですよねぇ。でも辛いの好きです」と答えると、「じゃぁ3倍にしましょうね」とのこと。

で、実際に食べてみたこの辛味3倍の担々麺、そこそこピリッときました。辛いのが苦手な人にはキツイかなぁ、むせるかもなぁ、といった感じかと思いますが、私的にはバッチリな辛さです。食べてる最中に汗が出てきましたが。。

担々麺の麺自体は失礼ながら特筆するほどではないかもですが、ひき肉の旨味と甘みも感じるスープがウマイ。サービスの小ライスもすすみます。

「ちゃーはんセット」の味噌、750円。半分サイズとはいっても、大人でもお腹いっぱいの量だと思います。
「ちゃーはんセット」の味噌、750円。半分サイズとはいっても、大人でもお腹いっぱいの量だと思います。

家族が頼んだ「ちゃーはんセット」。味噌ラーメンのスープを飲ませてもらいましたが、標準的で驚きはないけど、深みのある味噌ラーメンです。野菜やコーンも載ってて美味しそうでした。

チャーハンはちょっとオイリーだったかなぁ。でも当然のようにウマイ、かつボリュームもけっこうありました。

「湯麺(たんめん)」、620円。野菜もしっかりと摂れる塩味スープです。
「湯麺(たんめん)」、620円。野菜もしっかりと摂れる塩味スープです。

湯麺(たんめん)も野菜がしっかりと載ったオーソドックスな塩味ラーメンです。もちろん悪くはないけれど、このお店でわざわざ頼むことはないかぁ、と思ったり。いや、当然ながら美味しかったですよ!

そんな感じで10年ぶりくらいの再訪となった糸満の麺作。オープンと同時に満席になったから、やっぱり人気店なんでしょうね。担々麺はやっぱり美味しかった!

次はご飯物も試してみたいのと、食後に杏仁豆腐を頼んでみよう(この日は売り切れてた…)。

ごちそうさまでした!
 
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。