第一牧志公設市場 移設前の記録写真(2019年6月)

第一牧志公設市場 移設前の記録写真(2019年6月〜/追加写真あり)

2019年6月16日で営業を終える、現在の第一牧志公設市場

昔は地元民の台所として、今は国内外からのお客さんを集める観光スポットとして、常に存在感のあった施設でありました。

そんな第一牧志公設市場ですが老朽化もあり、ついに立て直しと相成りました。

どこが正面かはわかりませんが...、非常に雰囲気のある第一公設市場の周辺です。
どこが正面かはわかりませんが…、非常に雰囲気のある第一公設市場の周辺です。

現在の第一牧志公設市場は、1972年に建設されたものだとか。ざっと47年、まさに半世紀近く。いろんなモノが染み付いているはずです。

第一公設市場の入り口。この時点で魚のにおいが感じられます。
第一公設市場の入り口。この時点で魚のにおいが感じられます。

この日は魚売り場の写真をほぼ全く撮っておらず…。年季を感じる柱ばかりを見て歩いてきました。

吹き抜けの写真、左。
吹き抜けの写真、左。
吹き抜けの写真、中央。
吹き抜けの写真、中央。
吹き抜けの写真、右。
吹き抜けの写真、右。

20019年7月からは、近くの元『にぎわい広場』の場所に仮設の市場ができるようです。そして再建された新公設市場は2022年にオープンとのこと。

第一公設市場さん、長らく本当にお疲れ様でした…

2020年5月11日 写真追加

工事が順調に進められているようで、旧公設市場は跡形なく姿を消していました。

この記事トップの画像と同じ場所で撮影。
この記事トップの画像と同じ場所で撮影。

上の写真の左側です。
上の写真の左側です。

 
 

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。