那覇市の『泊いゆまち』で本マグロ特売、中トロ買ってきた!

那覇市の『泊いゆまち』で本マグロ特売、中トロ買ってきた!

皆さんご存知、沖縄近海で獲れた新鮮な魚、いわゆる「イマイユ」がゲットできちゃう『泊いゆまち』。

何でも水揚げされる魚のほとんどがマグロらしく、タイミングが合えば建物奥にある調理場でマグロの解体が見られるらしい。名物社長で有名なすしざんまいでやってるアレですな(アレはパフォーマンス重視か?)。

この日はこの『泊いゆまち』で本マグロの特売をやっているという情報を聞きつけ、夕食とお酒のアテにと行ってきましたよ!

『泊いゆまち』の場所

『泊いゆまち』の場所は泊大橋の下辺りにあります。なので泊大橋(泊港の大きな橋)に登ってしまうと、いつまでたっても到着することができません。私はこれで一度、遠回りして行く羽目になったことがあります。

特売だけあって安かった、たぶん

さて、早速品定めを始めます。今回は「本マグロ」です。キハダマグロやビンチョウマグロではありません。どんなものでしょうか?

「本マグロ」の赤身です。この柵サイズで400-500円って、やっぱり安いのではないでしょうか?
「本マグロ」の赤身です。この柵サイズで400-500円って、やっぱり安いのではないでしょうか?

『泊いゆまち』の中にはざっと20店舗くらいが入っているかと思いますが、この日はそのほとんどのお店が本マグロday。どこもかしこも本マグロばかりで、悩みながら2周くらいブラブラと品定め。

お刺身になってるのは少しお高めのようだったので、柵で買うことにしました。
お刺身になってるのは少しお高めのようだったので、柵で買うことにしました。

で、せっかくの特売ということで、赤身ではなく中トロを買うことに。大トロだとちょっと重いかなぁと思いまして。で良さげのを見つけたので購入することに。

おおぉ、中トロ〜大トロを発見。<br>遠目からでもサシが入っているのがわかります。<br>う、うまそう。。
おおぉ、中トロ〜大トロを発見。
遠目からでもサシが入っているのがわかります。
う、うまそう。。

店員さんにもアドバイスを伺いながら購入したひと柵。ホクホクしながらの帰宅となりました。

本マグロの中トロをいただく!

まな板にドローンと柵を置く。100円ショップで買った片刃の出刃包丁でお刺身にしていきます。おお、手がヌラヌラとしてくる。かなり脂がのってます。早速いただいてみます。

細かいサシが入った本マグロ。<br>脂がのっててワサビが効かない...
細かいサシが入った本マグロ。
脂がのっててワサビが効かない…
ワサビにショウガも加えてみました。<br>大葉との相性もバッチリ。<br>ご飯にもお酒にもよく合います。
ワサビにショウガも加えてみました。
大葉との相性もバッチリ。
ご飯にもお酒にもよく合います。

ちなみにこの日の『泊いゆまち』からの帰り途中、価格調査をするためにサンエーによって本マグロの価格を調べてきました。そしたらうん、やっぱり泊いゆまちの方が安かったようです。いい買い物ができてよかったよかった。

同じ日、サンエーで販売されていた「本マグロ」の赤身。<br>泊いゆまちの方が安かったようです!
同じ日、サンエーで販売されていた「本マグロ」の赤身。
泊いゆまちの方が安かったようです!

という訳で旬の本マグロをしっかりと堪能させていただきました。もちろんメチャクチャ美味しかったです。

が、少し脂が乗りすぎていて、もうちょっと赤身に近くても良かったかなぁ。ここまで脂が乗ってたら、サーモンでも良かったんじゃないか、とか身も蓋もない事を思ったり。まぁ、またチャンスがあったら、今度は赤身を試してみよう。
 
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。