那覇の立ち食い蕎麦『永當(えいとう)蕎麦 久茂地店』でとろろ蕎麦ともつ煮をいただく/2022年4月16日追記

本土の、特に都心部の駅付近ではごく普通に見られる「立ち食い蕎麦屋」。

でも沖縄では沖縄そばが主流のためか、まず「日本蕎麦」のお店自体が少なく、更には「立ち食い蕎麦」なんて言ったらほぼ皆無だったのでは?

で、県内ブロガーさんの記事なんかで存在自体は知りつつも、駐車場が無いなどでなかなか伺えなかった那覇市久茂地の『永當(えいとう)蕎麦』さんにやっとこさ、行ってきました!

『永當蕎麦 久茂地店』の場所

こちらのお店、店名にもある通り那覇市の久茂地にありまして、久茂地川のそばとなります。蕎麦だけに…

『永當蕎麦 久茂地店』。<br>お店は久茂地川のほとり。<br>県庁前駅から徒歩で2-3分の場所です。
『永當蕎麦 久茂地店』。
お店は久茂地川のほとり。
県庁前駅から徒歩で2-3分の場所です。
お店に近づくと「蕎麦190円〜」って安い!<br>朝の6時からの営業って、この付近の勤め人なら出勤前の朝食に使えるし。<br>ちなみにお店向かって左側に食券の券売機があります。
お店に近づくと「蕎麦190円〜」って安い!
朝の6時からの営業って、出勤前の朝食に使えるし。
ちなみにお店向かって左側に食券の券売機があります。

場所が場所なので、お店側では駐車場の用意もなく、どこかのコインパーキングから歩くか、ゆいレールの県庁前駅から徒歩で向かうことになるかと思います。
この付近で働いてる人は毎日のようにこのお店に通えるんだ。いいなー。

『永當蕎麦 久茂地店』のメニュー

こちらのお蕎麦屋さん、かけそば、もりそばが190円と、とにかく低価格路線で頑張ってくれています。本土の立ち食い蕎麦屋さんと比べても破格でしょう。ありがたや〜

券売機でメニューを確認します。<br>かけそば、もりそばが190円って...<br>揚げ物系でお酒を飲んで、締めに蕎麦っていうのも良さげですね。
券売機でメニューを確認します。
かけそば、もりそばが190円って…
揚げ物系でお酒を飲んで、締めに蕎麦っていうのも良さげですね。

『永當蕎麦 久茂地店』の店内

食券を購入し、早速店内に入ってみます。

決して大きなお店ではないのですが、カウンターを「W字」のような形にすることで、席数を確保している様子。コロナ禍で今は難しいかもだけど、詰めれば20人くらい入るかな?

「W字」型のカウンターが並ぶ店内。<br>そうそう、お子さま用に踏み台を借りることができるようです。
「W字」型のカウンターが並ぶ店内。
そうそう、お子さま用に踏み台を借りることができるようです。
この日は土曜日のお昼前の入店でした。<br>この後、どんどんお客さんが出たり入ったりと。<br>立ち食い蕎麦なので回転はメチャクチャ良さそうです。
この日は土曜日のお昼前の入店でした。
この後、どんどん人が出たり入ったりと。
立ち食い蕎麦なので回転はメチャクチャ良さそうです。

とろろ蕎麦(340円)ともつ煮(300円)がうまい

で今回オーダーしたのは、私がとろろ蕎麦+大盛り(340円+100円)ととり天(150円)、連れがもりそば(190円)ともつ煮(300円)です。

もりそば(190円)ととり天(150円)。<br>もりそばは並サイズでもこのボリューム、っていうか。。
もりそば(190円)ととり天(150円)。
もりそばは並サイズでもこのボリューム、っていうか。。
とろろ蕎麦(340円)の大盛り(+100円)。<br>とろろはボリュームありますが、おそばの量は並とそれほど変わらず?<br>まぁ多少のブレはあるでしょう。
とろろ蕎麦(340円)の大盛り(+100円)。
とろろはボリュームありますが、おそばの量は並とそれほど変わらず?
まぁ多少のブレはあるでしょう。

早速お蕎麦をいただいてみます。

なかなかコシのある、歯ごたえも感じる麺の茹で加減ですが、その分もあってか、蕎麦の風味も十分に鼻で感じます。ずばり、美味しい、美味しいです。

麺つゆもお蕎麦にあった甘めのもので、とろろとの相性もバッチリでした。まじか、これがこの価格で食べられるんだ。これは久々にいいお店を見つけたぞ。

もつ煮(300円)もいただいてみます。<br>もつの歯ごたえと、程よい味付けが期待通りです。<br>ああ、酒飲みたい。ああ、このお店、間違いない。
もつ煮(300円)もいただいてみます。
もつの歯ごたえと、程よい味付けが期待通りです。
ああ、酒飲みたい。ああ、このお店、間違いない。

こちらのお店、お蕎麦も美味しいけど、もつ煮もとり天も美味しかった。繰り返しとなりますが、サブメニューをつまみながら昼間からビールを飲んだらさぞかし幸せなはず。やばいなこれ、本当に好きなお店だ、やばいな(2回目)。

温かいそば湯も無料でいただけます。
温かいそば湯も無料でいただけます。

この価格でこの提供内容だと、平日のお昼時なんかは混み合うんだろうなぁ。でも回転は良いだろうから、それほど待たずとも食べられるのかなぁ、なんて思いながら最後はそば湯もいただき、麺つゆ含め完食となりました。

お気に入りのお店を発見。ごちそうさまでした!

完食! コロナが明けたら絶対にお酒を飲みに来よう。
完食! コロナが明けたら絶対にお酒を飲みに来よう。

2022年4月16日、かけそば(190円)について追記

前回の訪問で余りにも美味しくて安くて嬉しかったので、また訪問してみました。

でまずは前回同様、もりそば(190円)を食べてみる。うん、やはりうまい、程よい歯ごたえと甘めの麺つゆが良く合ってる。

もりそば一枚だけでは足りなかったので、ワタシ的に立ち食いそばの定番と勝手に認識している『かけそば(190円)』を食べてみました。それにしても安いなぁ。

すみません、ちょっと食べかけですが『かけそば(190円)』です。<br />美味しそうに見えたのですが。。
すみません、ちょっと食べかけですが『かけそば(190円)』です。
美味しそうに見えたのですが。。

う〜ん、麺が、麺が柔らかすぎる。。何かの間違いで茹ですぎてないかな? ちょっとこれは。。

もりそばの美味しさで期待し過ぎてしまったのかもしれませんが、もりそばはちょっと残念な感じでした。だし汁は悪くないのですが、何しろ麺に歯ごたえが全くなく。。何度もしつこくて失礼ですが、これ、オペレーション的なミスがあったのかな? 次回はもっと違う感じなのかなぁ。でも貧乏性の私のことだから、一回ガッカリしたメニューは二度と試すことはないだろうなぁ。。

次はやはりもりそば系で楽しませていただきます。ごちそうさまでしたー
 
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。