ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森(国頭村)に行ってきた

ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森(国頭村)に行ってきた

私もこれまで、そこそこの年数を沖縄県で過ごしてきましたが、未だ出会ったことがありません。

ヤンバルクイナ

元々は沖縄本島の広い地域に生息していたらしいのですが、今や犬、猫、マングース、カラス等に追いやられたりして、本島北部、いわゆるやんばる(山原)の森深い地域にのみ暮らしているそうです。

で「飛べない鳥」の宿命か、他の動物たちに襲われるだけではなく、自動車による交通事故でもその数を減らしているとか。

そんなヤンバルクイナを観察できる施設、ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森に行ってきましたよ。辺戸岬からやんばるの東側を車で30-40分くらい南下した場所にあります。

ヤンバルクイナ生態展示学習施設 受付
ヤンバルクイナ生態展示学習施設 受付

まずは受付で見学料を支払います。大人500円、子ども200円でした。

こちらで見学料をお支払いです。
こちらで見学料をお支払いです。
ヤンバルクイナのエコバッグ。かわいい...。1,300円だったかな?
ヤンバルクイナのエコバッグ。かわいい…。1,300円だったかな?
手ぬぐいなどもありました。
手ぬぐいなどもありました。
さていよいよ展示施設の建物へ入ります。
さていよいよ展示施設の建物へ入ります。
ヤンバルクイナをはじめ、やんばる地域に住む鳥の剥製なども展示されています。
ヤンバルクイナをはじめ、やんばる地域に住む鳥の剥製なども展示されています。
こちらは残念ながら孵化しなかったヤンバルクイナの卵、実物だそうです(中身は抜いてある)。
こちらは残念ながら孵化しなかったヤンバルクイナの卵、実物だそうです(中身は抜いてある)。
ここが展示室となります。森が再現されています。
ここが展示室となります。森が再現されています。

事前に公式サイト等で調べた情報では、当然ながら野生動物なのですぐに姿を見せてくれない可能性がある、なんて記載もありました、が…

お? おおぉ!
お? おおぉ!
意外なほどあっさりと登場してくれました!
意外なほどあっさりと登場してくれました!

[音声なし動画]歩くヤンバルクイナ

姿を表したヤンバルクイナの「クー太」くん、確か3歳。なにやらとっても好奇心が旺盛なのか、サービス精神が旺盛なのか、我々のまさに目の前をあっちへこっちへ普通に歩いています。

初めて見たヤンバルクイナはとてもキレイな羽模様で、赤いくちばしと脚部が印象的。また「クー太」くんの性格もあるのでしょうが、人間を全く怖がる素振りがないのが意外でした。水浴び姿も見せてくれたり。

[音声なし動画]水浴びするヤンバルクイナ

それとこの日、説明を担当してくださった女性スタッフさんがとても親切で、ヤンバルクイナの生態や現在置かれている環境、どのように保護をされているかを丁寧に教えてくださいました。本当にヤンバルクイナを愛してるんだな、という気持ちが言葉の端々に感じられたのもとても印象的でした。

ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森、那覇からは高速を使っても2時間以上かかる場所ではありますが、お子さんや動物好きには是非おすすめの場所です。北部観光の際は立ち寄ってみてほしいな。ヤンバルクイナの事が身近に感じられて、きっと彼らのことが好きになるはず。

やんばるはちょっと遠いけど、また「くー太」くんに会いに来ますよ!
やんばるはちょっと遠いけど、また「くー太」くんに会いに来ますよ!

「サーターアンダギー」が歌う「ヤンバルクイナが飛んだ」だそうです…

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。