古宇利オーシャンタワー → ティーヌ浜 ハートロック → ワルミ大橋へのドライブ旅

古宇利オーシャンタワー → ティーヌ浜 ハートロック → ワルミ大橋へのドライブ旅

ゴールデンウィークの沖縄。
特にやることもないのでドライブでもしようか〜、という事になり、北部目指して車を走らせることにしました。

沖縄は言わずもがな観光地ですが、県外の人にとってだけでなく、沖縄県民にとっても魅力的な見どころが沢山あるように思います。

で、この日に訪れたのは、北部観光の目玉の一つである今帰仁村の『古宇利オーシャンタワー』。初めての訪問となりました!

古宇利オーシャンタワーのアクセス

『古宇利オーシャンタワーのアクセス』はまぁまぁ遠いところにあります。那覇空港からは2時間近くかかるかなぁ。高速道路を使っても許田インターチェンジからそこそこ走ることになります。

とは言っても途中でランチしたり、古宇利大橋(写真撮るの忘れた)からの景色を楽しみながら走っていけば、気づけばもう古宇利オーシャンタワーに到着です。

古宇利オーシャンタワーです。<br />コロナの影響で人影は多くはなく。。
古宇利オーシャンタワーです。
コロナの影響で人影は多くはなく。。

入場したあとは専用の電動カートに乗り込み、南洋植物に囲まれた小道を数分ほどかけて高台にあるシェルミュージアムへ登っていきます。徐々に高度が増すに連れ、眺めもよくなってきました。

トコトコと登道を進むカート。<br />ハンドル操作は不要です。
トコトコと登道を進むカート。
ハンドル操作は不要です。

でシェルミュージアムに到着。早速、中に入ってみます。

古宇利オーシャンタワーのシェルミュージアム。<br />貝、貝、貝、そして貝でした。
古宇利オーシャンタワーのシェルミュージアム。
貝、貝、貝、そして貝でした。
アワビかな? キラキラと光っています。
アワビかな? キラキラと光っています。
アクキガイですって。<br />沖縄のビーチではあまり見たことは無い気がする。
アクキガイですって。
沖縄のビーチではあまり見たことは無い気がする。
オウムガイ。<br /><a href="https://dailyportalz.jp/kiji/170606199818">食べたら美味しいらしい</a>。
オウムガイ。
食べたら美味しいらしい
ダカラガイ。<br />毒を持つイモガイ系の仲間でしょうか?
ダカラガイ。
毒を持つイモガイ系の仲間でしょうか?
ホネガイ。<br />すごいな、普段どこにいるんだろう?
ホネガイ。
すごいな、普段どこにいるんだろう?
カイロウドウケツ。<br />在りし日の姿は<a href="https://www.google.com/search?q=%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%B1%E3%83%84&client=firefox-b-d&channel=crow5&sxsrf=APq-WBtLojan7y0af_eMHfNHtdzu1f2Diw:1645521648023&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwijorPq_ZL2AhXJyYsBHSeGByIQ_AUoAXoECAEQAw&biw=1509&bih=1158&dpr=2">コチラ</a>でどうぞ。
カイロウドウケツ。
在りし日の姿はコチラでどうぞ。
シェルミュージアムの中にはクイズラリーもありました。
シェルミュージアムの中にはクイズラリーもありました。
シェルミュージアムからは、まっすぐに伸びる古宇利大橋が見えます。
シェルミュージアムからは、まっすぐに伸びる古宇利大橋が見えます。
使えたときは座って休憩も可能。<br />眺めも良し、でした。
使えたときは座って休憩も可能。
眺めも良し、でした。
施設内には食事処もあり。<br /><a href="https://www.kouri-oceantower.com/restaurant/">レストラン Ocean Blue</a>。
施設内には食事処もあり。
レストラン Ocean Blue
当然ながらお土産屋もしっかりありました。
当然ながらお土産屋もしっかりありました。

ティーヌ浜 ハートロックの場所

古宇利島の観光スポットのひとつ、ティーヌ浜のハートロックにも行ってみました。駐車場からちょっと歩くのと、少し狭めの岩場や砂地を歩くので、島ぞうり(ビーサン)ではちょっと危ないかも。

数分ですが駐車場からちょっとした悪路を歩いて到着したティーヌ浜のハートロック。<br />コロナ禍にしては、お客さんもそこそこいました。
数分ですが駐車場からちょっとした悪路を歩いて到着したティーヌ浜のハートロック。
コロナ禍にしては、お客さんもそこそこいました。
ハートロックって、角度によってハートに見えるのですが、<br />何を血迷ったか、その写真を撮っていないという。。
ハートロックって、角度によってハートに見えるのですが、
何を血迷ったか、その写真を撮っていないという。。

ワルミ大橋からの長め

帰り道は屋我地島から本部半島に繋がるワルミ大橋を渡って来ました。おお、思った以上に高くて立派な橋だ。

ワルミ大橋からの景色。<br />もっと天気がよかったら海の色も更に鮮やかだったはず。
ワルミ大橋からの景色。
もっと天気がよかったら海の色も更に鮮やかだったはず。
右奥に見えるのが古宇利大橋。<br />沖縄って狭いながらも色んな景色がありますよね。
右奥に見えるのが古宇利大橋。
沖縄って狭いながらも色んな景色がありますよね。

そんなこんなで日帰りの北部ドライブ。ちょっと走っただけでこれだけの景色が見られるのって、観光地・沖縄に住む者の特権だなぁ、と幸せに感じる次第な訳です。天気がいい日にまた訪れてみよう。

おわり。
 
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。