DMMかりゆし水族館の入場料2,400円は結論から言うと「高い」かなぁ。。

DMMかりゆし水族館の入場料2,400円は結論から言うと「高い」かなぁ。。

2020年5月25日にオープンした豊見城市豊崎の『DMMかりゆし水族館』。

言わずもがな、沖縄には本部町の『美ら海水族館』がある訳ですが、『DMMかりゆし水族館』は空港からも近く、また人口密度の高い沖縄本島南部に位置していることもあり、オープン時には当然ながら話題になりましたね。

ですが、その入場料が大人料金2,400円とちょっと高め(『美ら海水族館』は大人料金1,880円で、コンビニ等なら更に約10%引きで買える)、かつ規模的には美ら海水族館のそれには遠く及ばないとのことで二の足を踏んでいたのですが、今回『おきなわ体験 最大50%OFFキャンペーン』を利用し、半額となる1,200円での初訪問となりました!
※今回は新型コロナ第6波以前の落ち着いていた時期に入館しました。

『DMMかりゆし水族館』へのアクセス

『DMMかりゆし水族館』は豊見城市豊崎のショッピングモール イーアス豊崎に隣接しています。TOMITONアウトレットモールあしびなーよりも海側地域らへんですね。

『DMMかりゆし水族館』の詳細情報は公式サイトで確認していただくとして、撮影してきた写真を感想も併せながらずばーっと載せていきます!

チケットカウンターです。<br />当日券は左の端末で購入となります。<br />我々は事前にチケットを購入していたので、右手奥のカウンターで入場券をいただきます。
チケットカウンターです。
当日券は左の端末で購入となります。
我々は事前にチケットを購入していたので、右手奥のカウンターで入場券をいただきます。
<入館料>18歳以上:2,400円/13-17歳:2,000円/4-12歳:1,500円
<入館料>
18歳以上:2,400円/13-17歳:2,000円/4-12歳:1,500円
入館直後のホール、新型コロナの影響で人が少ない。。<br />本来ならここで列をなしているんだろうなぁ。。
入館直後のホール、新型コロナの影響で人が少ない。
本来ならここで列をなしているんだろうなぁ。。
チケットを入手したらイザ入館です!
チケットを入手したらイザ入館です!

『DMMかりゆし水族館』の館内

どこの水族館にも共通しますが、照明が落とされて水の滴る音がかすかに聞こえる館内にはやはり癒やされます。これが遠い本部町ではなく豊見城市にあるんだから、観光客の方にとってはかなり存在価値があるんじゃないかぁ、と思いました。

で、どんな動物たちがいるのかな、と。

色鮮やかな小さめの魚たち。<br />こちらは淡水魚ですね。
色鮮やかな小さめの魚たち。
こちらは淡水魚ですね。
蛍光色でチョコチップのアイスみたいなカエルもいました。
蛍光色でチョコチップのアイスみたいなカエルもいました。
こちらは爬虫類。眼光鋭いですがなかなかかわいい。
こちらは爬虫類。眼光鋭いですがなかなかかわいい。
綺麗なオレンジ色のヘビ。<br />舌をチロチロと。
綺麗なオレンジ色のヘビ。舌をチロチロと。
ミニミニ動物園で見たことあるかも。
こちらも淡水魚。アロワナとか大きめの魚。
こちらも淡水魚。アロワナとか大きめの魚。
淡水魚。エンゼルフィッシュとか。
淡水魚。エンゼルフィッシュとか。
ウナギとかナマズ系とか。。
ウナギとかナマズ系とか。。
ガラスに張り付いたカエル。
ガラスに張り付いたカエル。キレイだけど目が怖い。
で、そのお腹側。<br />体全体が吸盤みたいになってる。
で、そのお腹側。
体全体が吸盤みたいになってる。
こちらも淡水魚系。。
こちらも淡水魚系。。
うん、さかな。。
うん、さかな。。
沖縄ではおなじみのトントンミー(ミナミトビハゼ)。
沖縄ではおなじみのトントンミー(ミナミトビハゼ)。
お、ワニだ。
お、ワニだ。

と、写真を撮りながら思ったのですが、ここにいる動物たちって、そこまで珍しくない気が。。。

小型の海水魚や子どものアロワナ、カエルなどのペット系の爬虫類ならホームセンターのメイクマンにいるし、トントンミーなら水鳥湿地センターで飽きるほど普通に天然下で見れるし、ワニも沖縄こどもの国にそこそこいるし。。

と思いながら進むと…

おっ、ペンギンだ!<br />岩穴(プラ製)から出てこないけど。。
おっ、ペンギンだ!
岩穴(プラ製)から出てこないけど。。
こっちのペンギンはお疲れのご様子。
こっちのペンギンはお疲れのご様子。
そんな訳で立派なペンギン用水槽にはペンギンも人も集まらず、開店休業中。。
そんな訳で立派なペンギン用水槽にはペンギンも人も集まらず、開店休業中。。
見どころの一つでもある「海岸を再現した空間」。<br />時間によって天候が変わったり夕暮れになったり。<br />ここはじっくり見ても楽しいと思いました。
見どころの一つでもある「海岸を再現した空間」。
時間によって天候が変わったり夕暮れになったり。
ここはじっくり見ても楽しいと思いました。
魚とかナマコに触れるプールもありました。<br>サメは本当にサメ肌でしたよ。
魚とかナマコに触れるプールもありました。
サメは本当にサメ肌でしたよ。
触れるプールに手を入れる前に、しっかりと手を洗いましょう。<br>たぶん泡が水槽に入らないように、という配慮から石鹸は無くて水洗いのみです。
触れるプールに手を入れる前に、しっかりと手を洗いましょう。
たぶん泡が水槽に入らないように、という配慮から石鹸は無くて水洗いのみです。
で、触れるプールのそばにはコツメカワウソが!<br>たぶんこの水族館一番の人気者のはず。<br>ちょこまかと動き回っていました。かわいい。。
で、触れるプールのそばにはコツメカワウソが!
たぶんこの水族館一番の人気者のはず。
ちょこまかと動き回っていました。かわいい。。
『DMMかりゆし水族館』には鳥もいます。<br />こちらはフクロウ、ってかこれ立体映像やんけ。<br />どゆこと? 意味あるの?
『DMMかりゆし水族館』には鳥もいます。
こちらはフクロウ、ってかこれ立体映像やんけ。
どゆこと? 意味あるの?
こちらは本物の鳥。
こちらは本物の鳥。
背中に哀愁のあるペリカンが一羽。
背中に哀愁のあるペリカンが一羽。
ちっちゃいフクロウ。足をロープで縛られているのがちょっと...
ちっちゃいフクロウ。
足をロープで縛られているのがちょっと…
アリクイ。
アリクイ。
沖縄こどもの国にいるのと比べると子どもかな?
お、ナマケモノだ!<br />有料(300円)で餌やり体験ができるっぽい。
お、ナマケモノだ!
有料(300円)で餌やり体験ができるっぽい。
お鼻がテカテカ。<br />以前、 <a href="https://www.neopark.co.jp/">ネオパークオキナワ</a>にいたものより、毛並みはキレイにされていました。
お鼻がテカテカ。
以前、ネオパークオキナワにいたものより、毛並みはキレイにされていました。
今までいたのは2階のエリア。<br />エスカレーターで1階に降りてきました。
今までいたのは2階のエリア。
エスカレーターで1階に降りてきました。
セミエビ、かな?
第一牧志公設市場で見たことがある。セミエビ、かな? 苔むしてる。。
チンアナゴとニシキアナゴ。<br />顔がかわいい。
チンアナゴとニシキアナゴ。
顔がかわいい。
色鮮やかなサンゴと沖縄に住む魚たち、がテーマっぽい水槽。
色鮮やかなサンゴと沖縄に住む魚たち、がテーマっぽい水槽。
ここも見どころ、クラゲエリア。<br />ゆらりゆらりなミズクラゲ。
ここも見どころ、クラゲエリア。
ゆらりゆらりなミズクラゲ。
『DMMかりゆし水族館』一番の大水槽。<br />群れて泳ぐ魚や悠々と泳ぐサメやエイなど。
『DMMかりゆし水族館』一番の大水槽。
群れて泳ぐ魚や悠々と泳ぐサメやエイなど。
大水槽エリアはカフェスペースになってます。
大水槽エリアはカフェスペースになってます。
カフェのメニュー。<br />アルコールもあるようです。
カフェのメニュー。
アルコールもあるようです。
カフェエリアにもこんな大水槽が!<br />ってこれも映像かい! これ必要!?
カフェエリアにもこんな大水槽が!
ってこれも映像かい! これ必要!?
大水槽に向かう通路には、こんな撮影スポットもありました。
なお、大水槽に向かう通路には、こんな撮影スポットもありました。
頭上を水槽の水が流れる癒やし&撮影スポット。
頭上を水槽の水が流れる癒やし&撮影スポット。
出口すぐにお土産エリア。<br />これは美ら海水族館も同じですね。
出口すぐにお土産エリア。
これは美ら海水族館も同じですね。

とまぁこんな感じのDMMかりゆし水族館でしたが、んー、どうでしょう。

展示されている動物たちにそれほど珍しさはなく、沖縄に住んでいる人にとっては県内のどこかで既に見たことのある動物が多いかなぁ、といった印象。沖縄にはいろんなところに海水魚の水槽があるし(那覇空港、国際通りのドン・キホーテ、イオンライカム等々)、県民なら複数回訪れているであろう美ら海水族館のスケールと動物の種類にはかなわないし。

それと館内規模も狭いため、ゆっくりと動物たちを観察しながらカフェで一休みしながらでも、滞在時間は1時間半あれば十分でした。

それを考えると「入館料の2,400円は高い」と言われてしまうのは確かに納得してしまうところではあります。

もちろん本来のターゲットは観光客だと思うし、コロナ禍が収束、というかwithコロナの時代が本格化すれば、県外・国外の人たちの興味はそそられるかと思います。

でも『美ら海水族館』のあとに『DMMかりゆし水族館』だとちょっとガッカリするかも…。順番としては『DMM水族館』のあとに『美ら海水族館』、もしくは『美ら海水族館』を見たら『DMMかりゆし水族館』は見なくても良いかな…、なんて失礼ながら思ってしまったり。

でもでも、やはり水族館は心が安らぎますよね。行ってよかったと思います!

イーアス豊崎の広場にある遊具には「ピカチュソ」と「ドラエモソ」がいます。<br />というか、観光客が来る場所でこういうのやめてほしい、恥ずかしい...
イーアス豊崎の広場にある遊具には「ピカチュソ」と「ドラエモソ」がいます。
というか、観光客が来る場所でこういうのやめてほしい、恥ずかしい…

 
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。