セブンイレブンの『蒙古タンメン中本 北極ラーメン』をワシワシといただく。

セブンイレブンの『蒙古タンメン中本 北極ラーメン』をワシワシといただく。

ココイチの10辛など、辛いものが結構好きでアレコレ食べてきましたが、以前から気になっていたのがセブンイレブンで販売されている『蒙古タンメン中本 北極ラーメン』。

定価販売のコンビニ価格とはいえ、税込み220円ほどするちょいお高めなカップラーメンですが、レギュラー商品ではないのか常に販売されている訳でもなさそうなので、ちょっと奮発して買ってみました。Amazonでも販売されてるな、と思ったら1個363円〜だって。これ転売だな…


↑転売注意報!
『蒙古タンメン中本 北極ラーメン』。<br />セブンイレブンで税込220円ほどでした。
『蒙古タンメン中本 北極ラーメン』。
セブンイレブンで税込220円ほどでした。
カップサイズはちょっと大きめです。<br />552kcal、食塩6.8gとのこと。
カップサイズはちょっと大きめです。
552kcal、食塩6.8gとのこと。
フタの上には後入れの「極辛オイル」が張り付いていました。
フタの上には後入れの「極辛オイル」が張り付いていました。
フタを開けると何やら赤い粉末がタップーリと。<br />これは期待させてくれます。<br />かやくはモヤシとひき肉的なものがちらほら。
フタを開けると何やら赤い粉末がタップーリと。
これは期待させてくれます。
かやくはモヤシとひき肉的なものがちらほら。
お湯入れ5分後。スープ上層部にはモヤシが浮かんできてました。<br />思ったほど辛い香りとかは無し。
お湯入れ5分後。スープ上層部にはモヤシが浮かんできてました。
思ったほど辛い香りとかは無し。
後入れオイルを入れずに、ひとまずスープをかきませて飲んでみます。。
後入れオイルを入れずに、ひとまずスープをかきませて飲んでみます。。

後入れの「極辛オイル」を入れない状態でスープを飲んでみると、辛いは辛いけどそれほどでもない感じ。以前に食べた日清のとんがらし麺よりもずっとマイルドな感じです。

さてここからが本番。「極辛オイル」とやらを入れてみます。

なかなか刺激的な色をした「極辛オイル」。<br />スープに赤みが増しました。
なかなか刺激的な色をした「極辛オイル」。
スープに赤みが増しました。
改めてスープをかき混ぜて、麺に「極辛オイル」を絡みつけます。
改めてスープをかき混ぜて、麺に「極辛オイル」を絡みつけます。

スープを飲んでみる。なるほど、これはなかなか喉にくるな。でも先述のとんがらし麺と比べて何倍も辛いわけではなく、旨味もしっかりと感じられる美味しいスープです。

続いて麺をいただきます。ちょっと太めでボソボソ感もありますが、コシも感じられて美味しいです。このスープにもよく合っていると思う。っていうか、麺のボリュームが結構あるな。嬉しいな。

スープと麺を交互にいただきながら、結局は完飲までしてしまったセブンイレブンの『日清食品 蒙古タンメン中本 北極ラーメン』。美味しかったけど220円というのは若干コスパ的にはどうかなぁ、とんがらし麺でもいいかなぁ、といった感想ですが、機会があったらまた買ってみようかな。

シャキシャキ感も残っているモヤシ。
シャキシャキ感も残っているモヤシ。

それとトッピングのモヤシを食べながら思ったのですが、このラーメン、袋タイプの煮るラーメンで販売してくれたら、茹でたモヤシとかたっぷり載せて美味しく食べられそうだな、と思いました。辛ラーメンのように、絹ごし豆腐や冷凍のエビ・アサリ・イカなんかも一緒に煮ちゃったりして。それだったら絶対買いたいかも。

というわけでごちそうさまでした!

 
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。