『ダイワロイネットホテル 那覇おもろまち』に宿泊してみた。

『ダイワロイネットホテル 那覇おもろまち』に宿泊してみた。

コロナ禍で冷え込む沖縄県内の観光業界を盛り上げようと、那覇市が打ち出した2021年版の『那覇とま〜るクーポン』キャンペーン。

その内容は公式サイトでご確認を、なのですが、宿代も安くなったり、1人あたり4,000円のクーポンが貰えたりと大盤振る舞いな内容だったので、なんとか諸々手配をして利用したホテルが『ダイワロイネットホテル 那覇おもろまち』となります。

『ダイワロイネットホテル 那覇おもろまち』へのアクセス

こちらのホテルはゆいレールおもろまち駅から徒歩数分、DFSギャラリア沖縄の道向いに所在しています。カテゴリーとしてはリゾートホテルではなく、ビジネスホテルになるのかな。

写真中央下に見えるのが『ダイワロイネットホテル那覇おもろまち』です。<br>今さら気づきましたが、けっこう大きな建物ですね。
写真中央下に見えるのが『ダイワロイネットホテル那覇おもろまち』です。
今さら気づきましたが、けっこう大きな建物ですね。
駐車場は建物1階のタワー式となります。<br>コンパクトカーは問題ありませんが、大きな車は事前問い合わせが安心かと。
駐車場は建物1階のタワー式となります。
コンパクトカーは問題ありませんが、大きな車は事前問い合わせが安心かと。

18階建ての眺めの良いホテル

さっそく入館してみます。

駐車場からはホテル玄関を通らずに、エレベーターで直接フロントのある9階まで登ることになります。建物1〜8階までは企業やら何やらが入っているらしい。

これはチェックイン後に撮影した1階のホテル玄関。<br>この階にはフロント等もないので、少しこざっぱりとした外観です。
これはチェックイン後の外出時に撮影した1階のホテル玄関。
ホテルの駐車場から直接9階のフロントに進む際にはこの玄関は経由しません。
という訳でこの階にはホテルの施設はないので、かなり小ざっぱりとした外観です。
エレベーターでフロントのある9階に進みます。<br>セキュリティの関係で10階以上の客室フロアに登るためには、お部屋のカードキーをエレベーターに差し込む必要があります。
エレベーターでフロントのある9階に進みます。
セキュリティの関係で10階以上の客室フロアに登るためには、お部屋のカードキーをエレベーターに差し込む必要があります。
全国にたくさんあるダイワロイネットホテル。<br>沖縄県内にも3箇所にありますが全て那覇市内。<br>立地からして、やはりビジネスホテル色を感じます。
全国にたくさんあるダイワロイネットホテル。
沖縄県内にも3箇所にありますが全て那覇市内。
立地からして、やはりビジネスホテル色を感じます。
フロントに到着。<br>受付スタッフさんは中国系の方が多かったかな。<br>インバウンドの復活も待たれるところです。
フロントに到着。
受付スタッフさんは中国系の方が多かったかな。
インバウンドの復活も待たれるところです。
フロント階にはテラスのようなスペースがあり、<br>おもろまち駅側を眼下に見下ろすことができました。
フロント階にはテラスのようなスペースがあり、
おもろまち駅側を眼下に見下ろすことができました。
という訳でついでにパノラマ写真も載せておきます。
という訳でついでにパノラマ写真も載せておきます。

『ダイワロイネットホテル 那覇おもろまち』の客室は?

チェックインを済ませて早速お部屋に進みます。

こちら2011年10月開業とのことでかれこれ10年くらい経っている訳ですが、それでも全体的に清潔感を感じるホテルでした。

客室フロアのエレベータロビー。<br>消毒用のアルコールも設置されています。
客室フロアのエレベータロビー。
消毒用のアルコールも設置されています。
気持ち天井が低かったかな?
気持ち天井が低かったかな?
清掃スタッフさん「こんにちわ!」とお声がけくださいました。

今回宿泊したのは31平米のスーペリアツインのお部屋。家族での利用ではありましたが、31平米なら狭くはなかろうと期待を胸に、部屋のドアを開けます!

スーペリアツインのお部屋。<br>昼間ですが遮光カーテンがしっかりと外光を遮ってくれていました。
スーペリアツインのお部屋。
昼間ですが遮光カーテンがしっかりと外光を遮ってくれていました。
で、遮光カーテンを開けての客室内。<br>豪華さはないけど、お掃除もしっかりとされていて、清潔感がありました。
で、遮光カーテンを開けての客室内。
豪華さはないけど、お掃除もしっかりとされていて、清潔感がありました。
窓からは泊大橋方面を眺めることができます。<br>左側にはツインの高層マンションがガッツリとそびえています。<br>夜間とかはお互いにカーテンをしないと見えちゃうんじゃないかな、とちょっと気になったり。
窓からは泊大橋方面を眺めることができます。
左側にはツインの高層マンションがガッツリとそびえています。
夜間とかはお互いにカーテンをしないと見えちゃうんじゃないかな、とちょっと気になったり。
で、視線を下に向けるとエアコンかな? の室外機がたくさん並んでいました。
で、視線を下に向けるとエアコンかな? の室外機がたくさん並んでいました。
テーブルの上にはサービスの水が3本。<br>ホテルは夜間が乾燥するのでとても有り難いです。
テーブルの上にはサービスの水が3本。
ホテルは夜間が乾燥するのでとても有り難いです。
ですが、冷蔵庫が冷やされてなく常温でして...<br>ホテル入室後にスイッチを入れて冷却スタートです(写真の爽健美茶は持ち込み品)。<br>ちなみに冷凍スペースは小さくて、ガリガリ君くらいしか入らない。
ですが、冷蔵庫が冷やされてなく常温でして…
ホテル入室後にスイッチを入れて冷却スタートです(写真の爽健美茶は持ち込み品)。
ちなみに冷凍スペースは小さくて、ガリガリ君くらいしか入らない。
ユニットバスは思った以上にキレイにクリーニングされていて安心しました。<br>ただし建て付けの問題か、床がフニャフニャ凹むようで、ユラユラして酔いそうでした、というか少し酔った。。
ユニットバスは思った以上にキレイにクリーニングされていて安心しました。
ただし建て付けの問題か、床がフニャフニャ凹むようで、ユラユラして酔いそうでした、というか少し酔った。。
アメニティグッズは歯ブラシ、クシ、綿棒、ひげ剃りでした。<br>ひげそりの数、多すぎかな。。
アメニティグッズは歯ブラシ、クシ、綿棒、ひげ剃りでした。
ひげそりの数、多すぎかな。。
少し残念だったのがこの水栓。<br>水やお湯を出す際に「ギョーッ」という音が室内にもこぼれます。<br>誰かが寝ていると少し気になりそう。
少し残念だったのがこの水栓。
水やお湯を出す際に「ギョーッ」という音が室内にもこぼれます。
誰かが寝ていると少し気になりそう。

そんなこんなで失礼ながら室内のアラ探しをしつつ、新都心周辺をブラブラしつつ、夕食をとりつつ、夜が更けていくのでありました。。

お部屋からの那覇市の夜景。<br>この写真の左側にはツインの30階建高層マンション(<a href="https://www.tokyu-resort.co.jp/area_sp/okinawa/ryux">リュークスタワー</a>)が建っています。<br>このマンションは2015年に完成とのことなので、それ以前だったらもっと良い眺めだったんでしょうね(他意はありません)。
お部屋からの那覇市の夜景。
この写真の左側にはツインの30階建高層マンション(リュークスタワー)が建っています。
このマンションは2015年に完成とのことなので、それ以前だったらもっと良い眺めだったんでしょうね。
(他意はありません)

最上階の18階にあるレストラン『大地の恵』で朝食

ホテル宿泊での楽しみといえば食事です。コロナの影響でセットメニューでの料理提供も多い中、こちらのホテルではブッフェ形式での朝食となっていました。

18階のレストラン『大地の恵』。<br>大きな窓から入る外光がとても心地よいです。
18階のレストラン『大地の恵』。
大きな窓から入る外光がとても心地よいです。
高台でもある那覇新都心に立地する18階のレストランからは、那覇市の建築物がすべて眼下に!<br>とはいかず、やはりお隣のツインマンションの存在感がとにかく大きく。。<br>このツインマンションが建つ前なら、もっと眺めが良かったんだろうなぁ(2回め)。
高台でもある那覇新都心に立地する18階のレストランからは、那覇市の建築物がすべて眼下に!
とはいかず、やはりお隣のツインマンションの存在感がとにかく大きく。。
このツインマンションが建つ前なら、もっと眺めが良かったんだろうなぁ(2回め)。

眺めは眺めで置いといて、ブッフェを漁りにうろちょろと出歩きます。

全体的に料理数は多くはありませんでしたが、沖縄料理も揃えながら十分満足できる品揃えだったと思います。

軟骨ソーキはトロトロで美味でした。
軟骨ソーキはトロトロで美味でした。
ゆし豆腐とソーメンチャンプルー。<br>どちらも程よい味付けで飽きることなくいただけます。
ゆし豆腐とソーメンチャンプルー。
どちらも程よい味付けで飽きることなくいただけます。
食べなかったけどタコライスもあり。
食べなかったけどタコライスもあり。
沖縄のホテル定番の沖縄そば。<br>細めの麺がうまかった。<br>ネギもたっぷり入れていただきました!
沖縄のホテル定番の沖縄そば。
細めの麺がうまかった。
ネギもたっぷり入れていただきました!
写真を撮っておいて食べ忘れた豆腐。<br>食べた家族いわく美味しかった、とのこと。
写真を撮っておいて食べ忘れた豆腐。
食べた家族いわく美味しかった、とのこと。
サラダや納豆もありー
サラダや納豆もありー
シリアルもやたらと種類豊富に用意されていました。<br>成分無調整の牛乳もしっかり冷やされていましたよ。
シリアルもやたらと種類豊富に用意されていました。
成分無調整の牛乳もしっかり冷やされていましたよ。
ヨーグルトと水槽を泳ぐコバルトスズメ。
ヨーグルトと水槽を泳ぐコバルトスズメ。
朝からガッツリといただきました!<br>軟骨ソーキ、やっぱりおいしかったなぁ。
朝からガッツリといただきました!
軟骨ソーキ、やっぱりおいしかったなぁ。
欧風なカレーと牛乳で締めて朝食終了です。
欧風なカレーと牛乳で締めて朝食終了です。

という訳で、沖縄県民としてはなかなか宿泊する機会のない那覇市内のビジネスホテル『ダイワロイネットホテル 那覇おもろまち』。

館内もクリーンで必要な物も揃っているし、歩けばすぐの場所に那覇メインプレイスやDFSギャラリア、博物館、美術館などなど遊べる場所もたくさんあるとても便利なホテルでした。

朝食も美味しかったです。また利用する機会があればいいなぁ。

そうそう、朝食ではソフトクリームも提供されていました。<br>お腹いっぱいで食べなかったけど。。
そうそう、朝食ではソフトクリームも提供されていました。
お腹いっぱいで食べなかったけど。。

 
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。